PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さすがやネ

きょう、パセリが全身麻酔をかけての検査でした



以前からずーーっと鼻の皮がカサカサになっては剥けていて

治療を続けていたのですが

最初の治療時に原因や病名はやはり細胞を切り取って検査に出さないとわからないということで

その細胞を取るには全身麻酔をかけることになる

でも高齢のパセリに全身麻酔をかけるのに抵抗があって

それならば対処療法でやってみましょうってことで今までやってきたのですが

なかなか改善されないばかりか、下唇の方まで広がってきた


やっぱり検査した方がいいってことになって

局所麻酔でも出来るかもしれないけれど、局所麻酔自体がかなり痛いので

先生は全身麻酔の方が簡単で短い時間で出来るのでいいのではとおっしゃる

でも、みんな高齢犬の全身麻酔は怖いよーって言うし・・で・・・

ほんとにすごくすごく悩んだのですが

局所麻酔で痛い思いをさせるよりは

そしてプロの先生が大丈夫とおっしゃってるのを信じておまかせすることにしました


そしてパーちゃん先ほど無事に麻酔からも覚めて帰宅してきました

さすがやねぇ・・パーちゃんはケロっとして元気です

検査結果は10日後ぐらいに出るとのこと

病名がわかっていい治療方法が見つかるといいね



パーちゃんお疲れさん

0725paseri.jpg

鼻2ヶ所、下唇2ヶ所から取ったそうです

4ヶ所とも1針溶ける糸で縫ってあるとのこと


早くよくな~れ




スポンサーサイト

| パセリ | 16:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://paseminalo.blog66.fc2.com/tb.php/788-bbb5e0f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。