PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パセリの手術

きょう、パセリの口内腫瘍摘出手術でした

もうすぐ15歳と言う年齢・・手術は悩んで悩んで出した結論

0130 pa1


無事に手術も終了し、麻酔からも元気に覚めました

今はお家で「お腹空いたーー」と言っています(^^)

本当に良かった・・・パーちゃんはやっぱり凄いねぇ


0130 pa2

手術までの経緯 (少し長文です)

10日ほど前に口があけにくそう(あくびを途中でやめる)なので診察を受けたら
(ご飯はもりもり食べてました)

口の中、右上の奥歯の横あたりに腫瘍が見つかる

先生の見解では十中八九は悪性であるだろうとのこと

選択肢は3つ

このまま、何もしない(腫瘍はどんどん大きくなって鼻・目などの方にも広がるかもしれない)

組織を取って病理検査に出す・・・麻酔が必要

一度に腫瘍を取る(病理にも出す)手術をする・・・麻酔が必要


もうすぐ15歳という年齢での手術、やっぱり心配なのは麻酔

その時にすぐには返事が出せず、P父とも話し合って悩んで悩んで

でも食べることが大好きなパセリなので、腫瘍が大きくなって食べれなくなるのは辛いよね

と手術に踏み切りました


口腔外科で有名な先生が31日に大阪に来られるとのこと

かかりつけの先生曰く、手術をするならその奥田先生にしてもらうのがベストだということで

本日、小儀動物病院で奥田先生の手術を受けてきました


術前のお話では、麻酔をかけて詳しく見てみて広く腫瘍が広がっているようなら

取らない場合もあるかもしれないこと

歯周病もひどいので歯石をとってあげるだけでも気持ちよくなるよとも

年齢も考えて、無理せずしようねと

恐い先生、って聞いてたのでちょっとドキドキしていたのですが

とっても気さくな気持ちのいい先生でした(^^)

かかりつけの先生も来てくださって手術にも加わってくださってたのでますます安心


麻酔がかかったところで先生から

詳しく見てみたら、思ったより腫瘍が広がってて、メラノーマの疑いが濃いとのこと

ここでまた選択にせまられることに

1つは出来るだけの腫瘍は取って、残ったところはすぐに放射線治療を受ける
(メラノーマなら放射線治療で腫瘍は小さくなる)

1つはそこまでの治療を望まない、考えたいというのであれば、ヘタに腫瘍を刺激することはせずに
病理検査に出す分だけを取るだけにする
(取りきれない場合は腫瘍を刺激して広がる恐れがあるので)


迷ってる時間もなかったし、ここまできたら出来るだけのことはしてあげたいと

1つめの方法をお願いする


手術が終って、先生からのお話

腫瘍を取り始めたら、スルスルと取れたとのことで一応全部取れたこと

疑ってたメラノーマなら、こんなに綺麗に取れないので違うのではないかということ

放射線治療はひとまず置いといて

病理検査の結果とパセリの様子でこれからのことは決めましょうとのことで、一応一安心

腫瘍を取ってもらう方を選択して良かった(^^)


パセリも麻酔から覚めて、小走りで私たちのもとに

しっぽまで振っちゃって、元気な姿にホーーーっとしました


ということで、手術は無事に終了

一応腫瘍も全部取れたのではないかということで、ほんまに良かった


今夜からもうご飯も食べれるとのこと

しばらくは柔らかいご飯だけど、良かったねパセリ

ほんまに良かった


ご心配をおかけしたみなさま、ありがとうございました(^^)


(ヘタな長文になりましたが、一応記録として・・)



スポンサーサイト

| メラノーマ | 17:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://paseminalo.blog66.fc2.com/tb.php/892-c2410feb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。